世の中のゆがみログ

世の中のいろんな歪みを見守るブログです。ただいま瞑想中

光を見るために闇をひたすら進む。

 好きなものあります?

あなたは音楽とか映画とか言うかもしれません。でも本当にそうですか?それは人に自慢できるほどの好きですか?好きなものを考えるときに

人に自慢できるか

という視点を持つとそれが本当に好きかそうでないのかわかりやすいと思います。

 

話は変わりますが、あなたの家の窓から星は見えますか?都会に住んでる方はまず見えませんよね。街は整備されて星よりも鈍い光で満ちています。だから見えない。

 

この世界も同じです。youtubetwitter・ゲーム・本などなど娯楽で満ちています。だからこそ、本当に光り輝く好きなものが見えづらい。そう僕は思うんです。

 

光が満ちていて見えにくい。そうか、なるほど。じゃあ暗い場所に行けば見えるんじゃね?暗い場所。自分が逃げ出したくてたまらない場所に行けば好きなものが見えるんじゃね?というのが今回の話です。

 

実際そうなの?

実際に辛い場所にいたら好きなものが見えてくるの?と思うかもしれませんね。しかし考えてもみてください。死ぬほどつらい場所ですよ?

 

最後の最期に心の頼りになるのは自分の好きな物だと思うんです。

つまりさ

つまり自分の好きな事見つけるには、自分の嫌いな事やり続ければいいってことです。

 

人生本当にクソッタレですよね。もう少し田舎に住んでれば星が見えたかもしれません。昔に生まれてれば、周りに目がいい人がいれば、望遠鏡があれば、なんて思います。

 

でもないから。

 

僕の周りは娯楽ばっかで、娯楽ばっかの時代に生まれて、周りに才能を見つけれる人もいないし、才能を見れる機械もなかったから。闇に向かって進むんです。

 

もしかしたらあなたは今辛い場所にいるのかもしれません。もしそうならもっとつらい場所に行ってください。死にそうになったら逃げればいいだけです。世界なんて滅茶苦茶広いんですから。

 

ただ、これだけは言えます。

あなたが見つける「好きな物」はきっと命よりも尊いものだと。

それを手に入れるためなら僕は命をギリギリまで削ってもいいと考えています。

 

あぁでも嫌だなぁと考えながら今日を過ごしています。この嫌がいつか「好きな物」で満たされる未来を信じて。かっこよく終わらせようとしましたが、何はともあれ嫌なものは嫌なものです。

 

とりあえず今日も今日とて頑張りましょう。いつか光を見つけたらご報告しますね。

 

ではまたんごまたんご。