世の中のゆがみログ

世の中のいろんな歪みを見守るブログです。ただいま瞑想中

「頑張らなくてもいいんだ」みたいな風潮が大嫌いなんだが

いや頑張れよ。

最近ツイッターを見ているとよくこんなツイートがバズっているのを見かける。

  • 頑張りすぎるな
  • 自分を責めるな
  • あなたのせいじゃない

みたいな。実際に過労死する人が居るのも知ってますし、頑張りすぎて死んでしまう人が居るのもわかります。だからこのツイートが正しい事もわかる。でも

 

死ぬほど頑張ってる人そんないんの?

 

死ぬほど頑張ってる人がこの世にどれだけいるの?死ぬほど働ける人がこの世にどれだけいるの?そもそも「頑張る事」「自分を責める事」も悪い事じゃない。次の段階に進むための良い事なんですよ。つまりどちらかと言えばやるべき事。

 

じゃあ何でやるなって言われてるか。限度を知らずに頑張りすぎちゃったり自分を責めすぎちゃったりする人がいるからですよね。という事は、普通に頑張ってるだけの一般人が「頑張りすぎは良くない」とか言っててもただの甘えじゃん?って思うんですよ。

 

誰かが頑張らないと、他の誰かが頑張り過ぎちゃうよね。

そしてこの風潮のもう1つ悪い所。それは矛盾している所です。

普段頑張りすぎていない人。要は適度に頑張っている人が頑張らなくなりました。そのマイナスは誰がどうやって埋めるのか。

 

誰かが頑張りすぎる事になりません?

 

人の考えなんてノーコストで変えられますから、変えたいだけ変えればいいでしょう。頑張りすぎない事が最高だと思うのも勝手にすればいいと思います。ただ仕事の総量はそう簡単に変わらないんですよね。

 

頑張らなくなった人は、自分のせいで頑張りすぎている人たちを見て何と言うんでしょうか?「自分のせいにするのは良くない」とでも言ってくれるんですかね。

 

変えるべきはそこじゃない。

本当に目指すべきは「頑張りすぎない」じゃなくて「頑張らなくていいようにする」事だと思います。上でも書いたように仕事の量も頑張りの量もそう簡単には変えられません。

 

電気に例えるならば、生活に必要な電力が100、材料10で作れる電気が10。つまり材料は100必要となるわけですが。材料5で電気が10作れる仕組みがあれば、50の材料で電気が100作れますよね。

 

必要な電力=仕事の総量

材料=頑張り

だと考えれば分かると思いますが、変えるべきはそのどちらでも無く

仕組み

だと思います。単純作業はマクロにぶち込むとか、少しの改善が積もり積もって大きな改善に変わるはずです。

 

もし考え方を変えたいのであれば

「頑張らなきゃ=頑張りすぎなくていい」

ではなく

「仕組みに投資するなんてもったいない=投資すべき」

という風に変えるべきなんです。全く違いますよね。それぐらい的外れな事を言っているから僕はこの風潮が嫌いですという話でした。

 

ではまたんごまたんご。