世の中のゆがみログ

世の中のいろんな歪みを見守るブログです。ただいま瞑想中

日記でいいじゃないか、ブログなんだもの。

ブログの御法度

ブログを書いていると、嫌でも耳にする言葉がある。

「価値の提供」とか「閲覧者目線」とかそんな感じの言葉。

今まで散々悩まされ続けてきたが、そもそも僕のブログは日記なのだ。それ以上でもそれ以下でも無い。

 

別に貴重な経験を持っているわけでも、貴重な知識があるわけでも、ましてや技術なんて何も持っていない。こんな僕が、日記帳に他人の為になるような事を書こうとする方が間違いだったのだ。

 

自分がブログでやりたい事なんて何も無い。ただただ、感情を吐き出したいだけだった。文章を書くのが好きだった。それだけなのに、いつの間にか「他人の為」「情報を発信する為」と目的が壮大になっていってしまった。

 

ブログ内のカテゴリー

このブログには大きく分けて2種類の記事が存在する。

まずこのブログのメインとなるオピニオン系の記事。

www.yugamigenki.com

 そして検索流入を意識した所謂レビュー系の記事

www.yugamigenki.com

 という2種類に分かれているはずだったのだが、いつの間にかオピニオン系の記事でも検索流入を意識するようになってきてしまった。

すると段々と考えていることが書けなくなっていった。理由はオピニオン系の記事をどうにか面白く書こうとした事だろう。

「皆に見てもらいたい」という思いが僕の口を閉ざす結果となってしまった。

 

数字は確かに偉大だ。

こんな事を書いていても、実際は数字が欲しい。もっとアフィリエイトアドセンスで稼ぎたいと思っている。だがそれは別の物でやればいい。「二兎を追う者は一兎をも得ず」というやつだ。

 

昔の僕もそう考え、もう1つ検索流入マシマシのブログを作ろうとした。

www.probloggerippo.com

結果的に検索流入を増やす事には成功したものの、ネタが一瞬で尽きてしまった。そもそも大したブロガーでも無い僕がブロガー向けの記事を書く事自体おかしかったのだが、何を思ったのかそれを1つのブログとして作ってしまったのが敗因だろう。

 

何事も自分ありき。

確かに数字は大事だし、価値の提供も大事だろう。しかし、何をするにしてもまず大切にすべきは「自分」なのだ。

 

「自分が欲しいと思う物」「自分があったらいいなと思う物」

 

そういった物を作る事で数字が稼げる。これが一番なのだ。昔がどうかは知らないが、今ならこれが誰にでも出来る。そこを忘れると痛い目に合うという記事でした。

 

これからは他人の事よりもまずは自分目線でブログを書いていけたらと考えてます。

 

ではまたんごまたんご。