世の中のゆがみログ

世の中のいろんな歪みを見守るブログです。ただいま瞑想中

セクハラとかいう風評被害マシマシな言葉について認識を改めました。

ツイッターらしい炎上ですね。

最近セクハラが話題になっていて、セクハラを告発した人の過去のツイートとかが話題になっていて、今や時の人みたいな感じで炎上したりしてて、ていうのを見てて思いました。

 

しょうもないな。

部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)

部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)

 

まぁセクハラ受けた人が過去にセクハラツイートみたいなのをしてたとしても、だからといってその人は一生セクハラに関して何も言っちゃダメ!みたいな事言ってたら全人類喋れなくなっちゃうと思います。イエスだけが石ぶつける話みたいな感じですね。

 

何かせっかくいい告発だったのに台無しと言いますか、ネットで告発するとそれはそれで民度低くなるなぁとかそんな感じの事を思いました。

 

そもそもネタだし、多分炎上目的で書かれたツイートだし、これだからネットは怖いんじゃ。ツイッターはバカしかいないんかぁ!!!

 

 

セクハラは風評被害マシマシ。

セクハラっていう言葉には色々意味があると思うんですけど、正直僕は最近まで

 

セクハラとか馬鹿じゃないの?

 

と思っていました。

 

だって名前の最後に「ちゃん」着けただけでセクハラ呼ばわりされるんですよ。アホかよ。なんでもセクハラって言えばいいと思ってんなよ。

 

こういうバカな「セクハラ」が存在するお陰でセクハラ自体を馬鹿な奴が言ってる言いがかりみたいな感じで捉えてたんです。

 

ただ今回の事で、「本当のセクハラ」について認識が深まりました。というか本当にそんな事あるんだと思いました。ドラマの世界じゃないですかこんなの。

 

今後はもう少しセクハラという言葉の意味がしっかり決まるといいですよね。

 

「ちゃん」を付けらりたりとか「彼氏いるの」と聞かれたりだとか、嫌だったら嫌って言えばいいんです。何でもかんでも周りのせいにしすぎなんですよね。

 

嫌って言えないような馬鹿みたいな場所ならそこに入った自分自身も悪いわけですし、泣けば解決するのは赤ちゃん時代までですよ。

 

 

性差別の苦痛とか分かる男いんの?

 

よくひどいセクハラの話を聞いて周りの人が「ひどいね」とか「気持ちわかる」とか言うけど、多分ほとんどの男の場合はセクハラで受ける苦痛って理解できないと思います。

 

性差別を受ける女性の悩みが分からないように、セクハラを受ける女性の気持ちなんて分からないものだと思うんですよね。

 

それなのに分かったような謝罪やツイートをするのはやめた方が良いんじゃないかっていうのと、もう少し分かる努力も世の男性はすべきですよね。まぁ出来たら苦労しないんですけども。

 

なんだろうな。もう少し世界が真っ当になる事を祈ってます。

 

ではまたんごまたんご。