世の中のゆがみログ

世の中のいろんな歪みを見守るブログです。ただいま瞑想中

英語のスラングを使って日本でも海外ドラマみたいにかっこよく話したい。

よう兄弟、このガッデムなブログへようこそ。

最近僕が見てると言っていたSUITSという海外ドラマだが、一つ特徴がある。

それは「ガッデム」と言う回数がやたら多い事だ。

 

このドラマでは何にでもガッデムを付ける風習があるのかという位ガッデムを付ける。壁にすらガッデムを付けるのだ。今見ているのはシーズン3だが、5になる頃にはガッデムだけで話している事だろう。

 この「ウルフオブウォールストリート」という映画はファックユーという言葉を一番使っている映画として有名だが、「SUITS」が映画化したら間違いなくガッデムを一番使っている映画として有名になる。

 

今回は回数の話をしたいわけじゃない。

 

皆さんも憧れた事はありませんか?英語のスラングを使った会話を。

 

僕はむかつく奴に「アスホール」と言ってから去るという妄想を1日に3回はしてしまう。それくらい憧れている。別にケツの穴が好きなわけではないが、「アスホール」という言葉は好きなのだ。

 

この記事では英語が話せない哀れな皆さんの為に、英語のスラングと混ぜても不自然じゃない日本語を考えて、明日からスラングを使っていこうという様な内容の話を書くと思う。

 

早速やっていこう。

 

英語と日本語の融合。

例をとって説明すると、俺イズムの様な英語と日本語が違和感なく混ざっている状態の物を作り出そうという話だ。

 

汚く言うと、英語で日本語をファックしてハーフを生むって事だ。うまい事言えてない気もするが、まだまだ僕もスラング初心者のため許してほしい。

 

僕が最初に思いついた言葉はこれだ。

 

スクリュードライバー

 

そもそも全部英語だし、お酒の名前をパクっている。のは置いといて。スクリューというスラングと運転手という意味のドライバーだ。

 

使い方は荒い運転をしている車を見た時に「あいつはスクリュードライバーだ」なんて使うとかっこいいかもしれない。

 

どんどん作っていく。

まず基本的な話ではあるが、和製英語やお店の名前の後ろに付けるという方法がある。

 

「ガッデムガ〇ト」とか「ファッキンサイ〇リヤ」とか。

 

ただ、これだと中学生っぽいのでもう少し凝ったものを考えていきたい。

 

警察につかまる時、手錠をかけられて言う言葉は?

「ワッパッファック」

 

味噌汁を飲んで思ってたより熱いと思ったらおふが入ってた時に使う言葉は?

「ファックおふ」

 

明日法事だと思ってたのに、明後日だった時に使う言葉は?

「ほうじぃーシット」

 

いやいやいやいや、こういうんじゃない、こういうんじゃないんだ。俺が作りたかったものは。もう駄洒落だし。何かこう、英語と日本語がうまく合わさっておしゃれな響きになるような言葉が作りたいんだ。

 

腰が砕けた時に使う言葉は?

「こしがっでむ」

 

もう段々ひどくなって来てる。というか今考えたら「俺イズム」が一番駄洒落だし、多分一番おしゃれだったの「スクリュードライバー」じゃないの?

 

English is English

英語は英語と使うのが一番。

 

という事が今日分かりましたね。正直言って無理にスラング使おうとしてる日本人とか痛々しいだけだしあまり使わない方が良いですよ。

 

まぁ「ほうじぃーしっと」は結構気に入ったんで使うかもしれない。僕がオヤジになるまで生きていたらのだが。

 

不謹慎だって?

 

シャラップ、これでも見とけアスホール。

超面白そう。

 

ではまたんごまたんご。