世の中のゆがみログ

世の中のいろんな歪みを見守るブログです。ただいま瞑想中

ツイッター規制で見えてくるツイッター民の同調馬鹿っぷり。

 ツイッターとかいう魔境。

虚無の淵からこんにちわ。ツイ廃から最も遠い男、一号です。

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

 

ツイッターやってますでしょうか。僕はやってます。まぁそれは置いといて。

 

皆さん、こういう場面見たことありませんか?

 

誰か1人の意見が拡散され、リプライにそうだそうだっていうツイートが大量に表示されている。

 

僕が今日見たこういう場面に凄い違和感を感じたんですよね。それがこちらのツイート。

 

このツイート自体は個人の意見だからいいと思うんですよ。でも、このツイートのリプライが何か気持ち悪いと言いますか、脳死で賛同してるようにしか見えないんですよ。

 

 

こういうリプライとか、まぁそもそも日本語が怪しいんであれですけども。ツイッターのこういう所って本当に良くないですよね。

 

 

こういう論点のすり替えとかも起きちゃってますし、もうめちゃくちゃです。

 

僕の意見としては。

ツイッター規制についての意見としましては、出来るだけ私怨とか無しで考えますと。確かにツイッター規制自体は急です。

 

ただ、だからと言って社会が悪いとかいう今すぐに変えられないものをどうこう言ってもどうしょうもないでしょ。って思うんですけどね。

 

そういった所でツイッターが標的にされてるわけですが、まぁツイッターが無きゃ出会わなかったわけでもありますし、少しなりとも効果はあるんじゃないですかね。

ツイッターのこういう所が本当に嫌い。

結局こういうツイートにつくリプライの中で拡散されるのって、賛同しているツイートなんですよね。反対してる意見とかはほとんどシカトされたり見向きもされません。

 

ツイートとか色々な場面で意見に出会った際は、そうだよね!とか思っても、1回冷静に考えてみる癖を付けたらいかがでしょうか。特にツイッターの方々は。

 

今見てる限りじゃ、詐欺に騙されそうな馬鹿しかいないように見えちゃいます。

 

ではまたんごまたんご。